不動産売却一括査定.comトップ > 「土地査定」に関するコラム

「土地査定」に関するコラム

買取を利用した土地売却に於ける消費税の扱い

2013-12-14

不動産の売買に於いては、個人ではなく、事業者が売り主となる場合にのみ、消費税が課されることになります。したがって、個人同士で土地や建物の売り買いをする場合には、消費税は掛かりません。また、土地の売買に於いては、事業者、個人のかかわりなく課税対象外になるというルールがあります。よって、仲介や買取、買取保証によって土地だけの売却手続きをおこなう際には、消費税のことを心配する必要はありません。
ただし、土地と共に、建物も売りたい場合には、先ほど述べたように課税対象となるケースも存在しますから、注意しなくてはいけません。例えば、不動産業者を利用することなく、家族や親せき、職場の同僚、学校の級友、恋人、婚約者といった知人に売却するという方法を選択したとすれば、建物に消費税が掛かることも免除され、比較的リーズナブルな価格で売りに出すことが可能となるでしょう。

下矢印無料オンライン査定はコチラから下矢印